聖書のメッセージ

onthewaychapel.exblog.jp

川越国際キリスト教会の礼拝メッセージです。

ブログトップ

12月24日「クリスマスプレゼントをあなたに」ヨハネ1:9~18

本論:Ⅰ・「この世は闇」

  1. 人生はむなしいのか

    人は死んだらどこに行くのか?人生の大きなテーマ、永遠のテーマかもしれない。死の先に何があるのかわからない故に人生は闇であるという。「人生は3(産・誕生)+4(死)=0(むなしい)」と教えてもらったことがある。本当にそうだろうか?

  2. だからこそ希望を探す

    むなしいままで、ただ闇に向かって生きていくだけの人生から脱却したいと願う。どこかに希望はないか、闇ではなく光を求めてさまよっている。しかし聖書は「人生は3+4=∞(永遠)」であると教えてくれる。その+は十字架と読む。そこに唯一の希望がある。

Ⅱ・「闇に光が届けられた」

  1. 希望の光

    人々は闇から逃れるために、虚しさから脱却するために、光を求める。しかし世には偽りの光がたくさんある。しかし不完全な光は闇に打ち勝つことはできない。むしろ人々を惑わし、混乱へ追いやる。そのような世界に真の光が、本当の希望の光がすべての人に届けられた。

  2. 闇を追放する光

    イエス様の到来によって、絶望という闇が追放された。むなしいだけの人生から勝利の人生が与えられた。死という闇が追放された。そして、いつも共にいてくださる光によって私たちに生きる力、喜びが与えられ、神の子どもとされる特権が与えられた。何たる恵み!

Ⅲ・「光によって与えられたもの」

  1. 恵みの上にある恵み

    イエス・キリストを知れば知るほど、愛せば愛するほどに、私たちはよりキリストのすばらしさを味わい、その人生がさらに豊かにされる。それはどこまで行っても尽きることがない。

    そこにはむなしさも、絶望もない。これ以上ない最高の恵みがこの光によってもたらされた。

  2. 最高のプレゼント

    イエス様のご降誕をお祝いするクリスマス。なぜか、私たちはプレゼントをもらう。しかし本当のプレゼントはイエス様そのものである。この最高のプレゼントをまだ受け取っていない人がたくさんいる。どんなプレゼントに勝るイエス様をしっかりといただこう。

結論:クリスマスプレゼント、今までいろいろなものをもらってきた。しかし、それらはいつか無くなってしまう。人生においてあらゆる物事も同様にいつか無くなってしまう。私たちの命も。だから多くの人は死が恐ろしく、不安になる。死んだらすべてが無くなるならば何とむなしく、希望も無くなる。しかし、そのような闇が支配するかのようなこの世に光が与えられた。イエス様が来られたことで、すべての人がその光に照らされた。すべての人に希望を、生きる力を、最高の人生を、そして永遠のいのちがプレゼントとして差し出された。このプレゼント、絶対に手にしたい。素晴らしいクリスマスのプレゼントはあなたのために備えられている。


[PR]
by ontheway-chapel | 2017-12-25 12:36 | Comments(0)