聖書のメッセージ

onthewaychapel.exblog.jp

川越国際キリスト教会の礼拝メッセージです。

ブログトップ

2月4日「買い戻される恵み」ルツ記3:1~13

本論:Ⅰ・「どん底からの希望」

  1. ナオミではなくマラ

    かつてナオミはイスラエルに戻った際(119~)ナオミ(快い)とは呼ばずにマラ(苦しみ)と呼ぶよう訴えた。確かにイスラエルを出てモアブの地において夫と2人の子どもに先立たれ、大きな苦しみを味わった。私たちもそのようなとき、神様を遠く感じるかもしれない。

  2. マラからナオミへ

    1章で苦しみ、卑しくされ、つらいめに会わせられたと感じたナオミ。しかしボアズとルツの出会いに神のしるしを見ることができた時、マラからナオミ(快い者)として扱われていることを再確認した。どん底と思えるところにも神の光は必ず届く。神の恵みを掴もう。

Ⅱ・「買い戻しの恵み」

  1. 買い戻しの権利

    当時の律法においてナオミは夫に先立たれたために、死んだ夫に最も近い親族がその家を買い戻し、未亡人と結婚することができたが、拒否することもできた。もし誰もその未亡人を助けようとしなかった時には、残りの人生を貧困の中で絶望と共に生きねばならなかった。

  2. ナオミを信じたルツ

    ナオミのルツへの申し出は、異邦人のルツには不思議に感じたかもしれない。しかしルツはナオミを信頼し、ナオミの言う通りに従った。ナオミの人柄にもよるが、その背後にある信仰、神の導きに従ったと見ることができる。納得しなくても従う信仰を求めてみよう。

Ⅲ・「買い戻された私たち」

  1. ボアズの誠実さ

    ボアズはルツに対して、とことん誠実であった。決して欲におぼれず律法に対しても忠実であった。そして愛と慰めに満ち溢れていた。私たちにとってのボアズは誰であろうか?一歩間違えばどん底に落とされる絶望から買い戻し愛と慰めと誠実に満ち溢れたお方がいる。

B.キリストによる買い戻し

ルツはボアズという存在と出会うことができた。私たちはキリストという存在と出会うことができ、十字架上の死によって罪による絶望から希望へ、苦しみから喜びへと贖い出し、私たちを買い取ってご自身のものとしてくださった。永遠に消されない財産が保証された。

結論:ナオミはルツの幸せを願った。そして、自らの苦しみの先にある希望を主の導きの中に見つけることができた。それはボアズであり、買い戻しの制度であった。ルツはその恵みの中で異邦人でありながら、この唯一まことの神の導き、神の律法に従い歩んだ。私たちも思いがけない苦難、痛みを覚えることがある。しかし、神は私たちを見捨てることなく、愛と慰めと誠実さをもって私たちを守り、救ってくださる。ルツにはボアズが与えられた。私たちにはキリストが与えられた。このキリストによって私たちは、絶望から希望へ、苦しみから喜びへとその方向を転換させることができ、栄光の勝利に向かう歩みへと誘われている。この恵みをしっかりといただき、存分に味わおうではないか。


[PR]
by ontheway-chapel | 2018-02-06 17:01 | Comments(0)

by ontheway-chapel